インター カジノ とはk8 カジノトップを不安にするITに関する「イヤな話」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ブロック チェーン

インター カジノ とはk8 カジノトップを不安にするITに関する「イヤな話」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ブロック チェーン

インター カジノ とはk8 カジノトップを不安にするITに関する「イヤな話」仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ブロック チェーン

ビット コイン 市場 価値k8 カジノ 情報化投資はムダだった?

パチスロ 7月15日 新小岩 エスパス 情報化投資において「効果を認めない」企業は、10社のうち約3社ある。「効果が低い」も含めると5社に迫る。トップがIT導入を逡巡するのも、むべなるかな、である。

 総務省の調査(「平成18年度通信利用動向調査の結果」、調査対象:常用雇用者規模100名以上の企業1836社)によれば、「情報化投資における効果の程度」としていくつかの質問を設定しており、「情報化投資の効果なし」とする回答の比率は、質問のテーマによって異なる比率が出ているが、最小で21%強、最大で35%強になる。これには、「効果がマイナス」という回答も含む。一方、効果を認めている企業には、効果が「高い」、「中程度」、「低い」が含まれており、「効果なし」と「効果が低い」を合わせると約50%にもなる。

 トップがいろいろな機会に、多くの人から「ITを導入したが、効果がない」とか、ましてや「むしろマイナスだよ」とか、あるいは「効果は出たものの、投資に合わないね」などと聞かされると、トップがIT導入に迷いが出ても仕方があるまい。 

 トップがIT導入に迷うと言っても、小・零細企業ならいざ知らず、中規模企業以上なら今や会計・給与などの基本業務については当然IT化しているだろうから、情報共有、部門間連携、全体最適など、変化の激しい経営環境に対応するための経営革新や、あるいは日本版SOX法などへの対応(日本版SOX法対応と言っても単なる法令対応でなく、企業価値の向上や創造という点で経営革新)というテーマに対するIT化を進めているはずである。

IT投資効果に疑問、は当たり前

 自らマイナス情報を仕入れてきては、投資効果を疑ってばかりいても何も進まない。いまだにメインコンピュータを後生大事に抱え込んで、データのバッチ処理をしている中規模企業A社がある。A社のシステム部門関係者は、社内にパソコンオンラインネットワークシステムを敷設したいと考え、数年前から何度も計画を立案しているが、トップBは頑として認めない。認めない理由は、そもそも効果が期待できない上に、パソコンを導入するとインターネットに接続する、そうすると情報が漏洩したり、ウイルスに侵入されたりする。それに、パソコン利用の公私の区別ができない。「現にあそこの会社は、効果が出ない、無駄な投資だったと言っている」、「こっちの会社では、従業員が勤務時間中にパソコンでゲームをしていると言う」、「どこそこの会社は、セキュリティなどで次々金がかかると言っている」と、Bは負の情報を仕入れてきて、ITに対する不信感を募らせている。

 A社には正式のCIO職はないが、筆者の知り合いのC役員がシステム部門を管掌している関係で、Cから筆者に「Bに会って洗脳を試みてくれないか」という依頼があった。筆者はBに会って話し合ってみる気持ちは持ったが、Bは「ITのコンサルタントに会う気は毛頭ない」と、Cの仕掛けを全く受け入れなかった。

 一方、零細企業D社のトップの例である。D社は建材販売と簡単な工事を、10名の社員で営んでいる。ある時、E取締役管理部長は人手不足を補うため、会計システムと販売管理システムを導入しようとした。Eは管理部長と言っても、零細企業なのであらゆる業務について隠然たる実権を握っていた。Eから相談を受けたF社長は、ITに日頃強い疑問を持っていたが、Eに反対する雰囲気ではなかった。Eは、ベンダーとどんどん話を進めた。Fは後れを取るまいと、同業他社のIT導入例や、ベンダーに紹介を依頼した同規模企業の導入例を貪欲に調べた。やがて、FはITに対して理解を深め、一家言持つようにさえなった。自然な形で客観的判断力を持てるようになったわけだ

何が何でも効果を出すという気概を仮想通貨カジノパチンコ日本 サッカー アカデミー

Similar Posts

コメントを残す